脱毛 美肌 

美肌体験記♪

日々肌寒くなる中、みなさん美肌を維持出来てますでしょうか?

 

美肌と簡単に言ってはみても、様々な美肌を作る行程がございます。

 

美容化粧品〜サプリメント、日々の食事に至るまで、美肌を作りあげるまでの過程は多くの選択があります。

 

 

私は数年間、某の化粧品会社で働いておりました。会社名は伏せさせて頂きますが、○○市の化粧品会社ではかなり有名です。化粧品の製造過程から販売に至るまで携わることのできる立場でした。

 

そこで美肌をどうやって作り、維持させるかを研究してきた立場として、日々の生活の中で、美肌作りをしていったら良いのかを記載いたします。

 

 

 

本当の美肌とは赤ちゃんの肌そのもの〜

 

私達が求める究極の美肌とは、産まれたての赤ちゃんの肌でございます。

 

何の外的要因の影響もなく、キメの細かい美しい肌です。

 

しかしながら、成長するに従って、その土地土地に含まれる汚れた空気を吸い、本能の欲しがる食事を取り、年を重ねるごとに細胞の活性化が鈍り、やがて荒れた肌へと変貌していくのです。

 

例えば、東京、名古屋、大阪みたいな大都市ではこういう化粧品がいいとか、北海道みたいな自然が豊かな土地ではこういった化粧品がいいとかです。

 

 

そもそも、この流れを止めることは現在の医学ではできません。
医学の進歩によって、遠い未来にはいつか細胞を活性化させ、さも若返ったかのように見せる薬も出来るとは思いますが、ここでは現代医学の範囲内でのお話です。

 

 

たまにテレビの中に出演される芸能人の方で、お年以上に若さを維持されている方もいらっしゃいます。特に川島なおみさんは美肌でお綺麗ですね。

 

この方々の中でも、人工的な治療で、若く見えるように維持されている方々も多くいらっしゃいますが、芸能人など、自分の容姿がお仕事に繋がる方々は一般の方々よりも普段から美肌意識が高いように思えます。

 

数年前から開始されたデジタル放送によって特に肌のキメ細やかさがあらわになれば、容姿をお仕事とする人々は意識せざる追えません。

 

ではこのような美肌意識が高い人々は普段からどのような意識をもって取り組んでいるのでしょうか?

 

 

 

ここではそれらを紐解き、お金をなるべくかけずに美肌を作りあげる方法を伝授さしあげたいと思います。

 

 

美肌を作りあげる作業は容易ではございませんが、日々鏡に映るご自分の肌の変貌を感じることができれば、それらが喜びに変わり、きっと努力し続けることができるでしょう。

 

 

また、美肌にかかせないのが無駄な毛を処理することです。処理といってもただ処理すればいいというわけではありません。

 

きちんとした、脱毛をメインとした機関へ出向き、適正な脱毛をしてください。脱毛機関といってもたくさんありますのでHPを拝見していただければいいと思います。→でらっしゃる方で美へのこだわりがすばらしい女性だと感じます。

 

 

 

〜赤ちゃん肌に変化させる為には?〜

 

現代の若い方達は朝起きてから、朝食を取らない方々が多くなったと聞きます。

 

とらないというより取れないのでしょうか

 

しかしながら、この行為は肌にどのような影響を与えるのでしょう?

 

眠りから覚めた直後は、脳の活動がまだ活発ではありません。

 

脳の活動が活発でない状態とは、身体にあらゆる信号を発信しているセンサーみたいなものが鈍っている状態でございます。
それらは、質の良い睡眠とも関係していますが、そのお話はまた後日お話しましょう。

 

話を戻しまして、朝食を取らないという行為は、お昼まで活動するエネルギーの摂取をできずに活動することになります。

 

美肌を作るとは、日々新しい細胞が生まれてくる肌の活動を活発にさせることへ繋がるわけですが、必要なエネルギーを取らずにカロリーを消費させる行為は肌にとって新しい細胞を作る活動が鈍くなり、逆効果です。

 

必ず必要なカロリーを摂取し、細胞の活性化をさせましょう。

 

カロリーの摂取量は朝食>昼食>夕食の順で、これから1日を活動しエネルギーを消費していく朝食に一番摂取することがベストです。

 

 

通常の生活では夕食に質を重んじている方々が多いようですが、書いて字のごとく「夕食」です。
「夜食」ではありませんので、夜からそれほどカロリーを消費する必要がないので「夕食」と記されています。

 

夜は早い時間に食事を取り、そのカロリーを消費させ、眠ることで質の良い睡眠にも繋がることになります。
またそうすることによって、朝目覚めた時に、脳がカロリーの摂取をしようと働き、朝食を取りたいと思うようになります。

 

 

 

アクネ菌が増えると美肌がたもてなくなる?

 

お顔にできるニキビはおおよそアクネ菌が原因とされていますが、そのほかの部位にできる
ニキビはアクネ菌以外にもいることを知っているでしょうか?

 

その名は「マセラチア菌」と言って、この菌がニキビを引き起こしている可能性もあるというお話です。
このマセラチア菌はアクネ菌などの皮膚常在菌と同じで常に皮膚に住んでいる菌ですが、医学的分類上カビの一種とされています。
カビ特性上、湿気を好み、湿度が高くなれば繁殖しやすくなります。
この菌が元でできたニキビはマセラチア毛包炎と呼ばれ、厳密には尋常性?瘡をは違うのです。
マセラチア毛包炎はニキビよりも治りにくいとされていて、適切な処置を必要とします。
アクネ菌の増殖を放っておくと顔だけではなく首ニキビまで発展していまいます。
主に改善に向かう処方薬としては抗真菌外用薬とされ、このお薬で改善されるケースが多いですね。

 

 

クリニックで処方される薬には、内服薬(飲み薬)と外用薬(塗り薬)の2種類がありますが、この2つを併用することが有効といわれています。

 

 

まずニキビやニキビ跡の治すために処方される飲み薬は、毛穴の炎症を引き起こすアクネ菌などを殺菌する抗生物質に加え、ビタミンB6の補給剤のピドキサールとビタミンB2の補給剤のハイポンなどが用いられます。

 

ビタミンB6とビタミンB2は、糖やたんぱく質などの代謝をスムーズにするとともに、皮膚・粘膜を健康に保つために消費されるビタミンで、ダイエットや偏った食生活などの影響でこれらのビタミンが不足すると、新しい皮膚がスムーズにつくられなくなるため、ニキビやその跡も治りにくくなります。

 

つまり、これらを飲み薬でしっかりと補給することで皮膚の新陳代謝を促進し、内側からニキビ跡を治りやすくする効果が期待できるわけです。

 

 

これに対し、ニキビやニキビ跡に直接働きかけ、新たなニキビの再発を防ぐとともに、ニキビ跡がキレイに治すことができるようにサポートするのが外用薬の役割といえます。

 

外用薬では、皮膚の生まれ変わりを促進して皮膚の色素沈着や陥没(クレーター)解消する薬やメラニン生成を抑えて色素沈着を改善する薬、肌を保護して炎症を鎮めることでニキビの悪化を防ぐ薬など様々な種類があるので、患部の状態を診察して適切な薬が処方されます。

 

 

このように、身体の内部からニキビ跡の治療をサポートする内服薬と、外側から患部に直接働きかける外用薬を併用することで、相乗効果で効果的なニキビ跡対策が可能です。

 

こういった対策はニキビ予防

 

なお、皮膚に塗る薬の中にはまれに肌の炎症やかゆみ、湿疹などの症状に見舞われるケースもあるので、処方された薬を利用して皮膚に異常が生じた場合にはすぐに利用を中止し、速やかに主治医に確認してみましょう。

 

続きを読む≫ 2015/05/09 13:48:09

ニキビが治った後のニキビ跡はシミだったり、黒ずみだったり、ひどい場合には肌がへこんでしまうような
クレーターのニキビ跡だったりします。
ニキビ跡を残さないようにする為にはどうしたらいいのでしょうか?

 

それはまずはニキビを作らないことですよね?
でもニキビを作らないようにするにはかなり難しいことです。
なぜ難しいのかといえば、それはニキビを作る要因はひとつではないから!
ニキビの主な原因になりえるのはストレスや食生活、趣向品(タバコやお酒)、ホルモンバランス
など様々な要因があります。
これを全て問題なくクリアができるというのは現代社会で生活はできないと思うのです。
ニキビ予防はやらないよりやった方が良いに決まっているのですが、大切なことはニキビができてしまった時
の対処法に重点を置いた方がニキビ跡を残さない方法としてはより現実だと考える筆者です。

 

ニキビができてしまったら、まずはどのようなニキビの種類にあたるかを確かめましょう。

 

ニキビにもいくつかの種類に分類できます。それはニキビでも症状の軽い軽度のものから、ニキビ跡に
なりやすい重度のものまで存在するからですね。
ニキビの種類を知っているだけで処置方法を素早く選択できることになります。
ニキビ跡を残さない為にもニキビの種類を把握しておきましょう!

 

ニキビの種類では、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビに分類でき、左から軽度の症状で
右に行くほどニキビとしては症状が重いものになります。

 

その字のままで白ニキビでは色が白く、黒ニキビでは表面が黒いです。
また赤ニキビでは炎症によって皮膚表面が赤く腫れ上がっている状態で、黄ニキビに至っては
毛穴の中で膿が閉じ込められ、皮膚が腫れ上がって熱を持つようになります。

 

初期段階の白ニキビの時にどれだけ素早いニキビケアができるかがとても重要な事なのです。

続きを読む≫ 2015/03/21 13:05:21

それは、朝昼晩3食の食事をきちんと摂ることです。
もちろんジャンクフードをお腹いっぱいまで!なんていったダイエットには論外の食事ではないことは説明するまでもありませんよね。栄養バランスの整った食事をお腹いっぱいではなく腹八分目で食べるようにしましょう。満腹中枢への反応は食後しばらくしてから脳に伝わります。食事中に「まだ食べれる、まだ食べたい」と思っていても実は腹八分目でカラダは十分に満たされる食事を摂取しているので、耐えられない空腹感にみまわれるようなことはありません。“腹八分目”はカロリーカットに丁度良い最も適した方法といえます☆

 

続きを読む≫ 2014/08/21 15:42:21

名古屋を故郷とする私は、どうせ書くなら名古屋のイイトコを知ってもらいたくて、まずは私の大好きな名古屋名物を書いちゃいます!

 

 

 

★きしめん

 

皆さんご存知でしょうか?きしめんとはうどんと同じにて非なるもの。。。
おつゆはダシベースでうどんとさほど代わりはないのですが、メンに特徴があって平打ちしたメンのことです。
何が美味しいのって言われそうですが、その平らなメンが美味しさを増すんですよぉ。。。

 

 

ツルツルとのど越しも良くて、名古屋駅の新幹線プラットフォームでは全国の皆さんが舌鼓を打っていると聞きます。

 

 

★味噌煮込みうどん

 

メンつながりで次にオススメするのは名古屋が誇る、味噌煮込みうどん!!

 

このさむーーーい時期には1週間に1度は食べたくなっちゃいます。
味噌煮込みうどんはどのようなものかというと、その名の通り、味噌で煮込んだおうどん(笑)

 

説明のしようがない、、、、どうやって説明したら伝わるかいっぱい考えたんですけど、どうしてもしっくりする表現方法がなかったんです。
名古屋の山本屋ってお店やさんがすごーーーく有名なお店なので、そこで一度ご賞味あれ!!

 

メンはきしめんの平打ちメンとはうってかわって、極太でかなり歯ごたえがあります。

 

 

★味噌カツ

 

今度は味噌つながりで味噌カツ!!

 

アツアツのカツの上に味噌がのってるとんでもない代物です(笑)
きっと食べた事がない人はただただ驚くのみ。。。

 

だってそんな組み合わせで食べたことがないって人がほとんどでしょうから。。。

 

でもね、、、本当に美味しいんですよ!味噌はただの味噌ではなくってあまーーーいお味噌。

 

それが病みつきになっちゃうような味になるんです。

 

名古屋に来たときにはそこらへんの定食やさんでも当たり前のようにメニューにあるので食べてみてくださいね。

 

 

★味噌串カツ

 

味噌つながりでの食べ物といえば、味噌串カツ!これは本当に美味しい!!

 

特に忘年会シーズンではお酒を飲む機会が多かったから、それに合う食べ物といえば、私のベスト10にはいるぐらい美味しいと思います。

 

味噌串カツのお味噌も味噌カツ同様にあまーーいお味噌がかかっていてこれまた病みつきになるお味。

 

味噌串カツは名古屋の至るとこに名店が存在するのでネットで探してみてくださいね!!

 

 

★手羽先

 

名古屋が世界に誇る食べ物として関東圏でも有名になった手羽先!!これは「世界の山ちゃん」が有名ですよねー。

 

 

名古屋の名駅、栄、金山など主要駅にも山ちゃんだらけです。
50メートル歩けば山ちゃんにぶちあたるぐらい多い店舗数を誇っています。

 

特徴を挙げると山ちゃんの手羽先は黒胡椒ベースで、初めて食べたときは胡椒辛いと感じるかもしれない。。。

 

でも2本、3本と食べていったときには、その味が忘れられなくなること間違いなし!!

 

 

個人的には風来坊の甘辛いたれのかかった手羽先も美味しいと思います。

 

 

 

★ウイロー

 

実は私、ウイローはあまり好きじゃない(笑)

 

だってでも名古屋名物ってつながりで書いちゃいました(笑)

 

いまではウイローにも様々なバージョンがあるみたいなので、今度私も再挑戦してみよっかな。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2014/01/28 19:04:28

美肌を意識する上でどうしても邪魔になるには皮膚の表面上に見える真っ黒な毛です。

 

せっかくキメの細かい美しい肌に見えても、それを妨げる産毛含め毛は取り除きたいものです。

 

 

普段見えない脇などは自己処理によって多少処理ミスがあったとしても気にならないかとは思いますが、日常露出する顔、腕、足などは綺麗に毛を無くしたいでしょう。

 

そこで社会人になって収入を得られる女性は脱毛エステなど処理してくれるお店に通いますが、中には大人になっても自己処理ですべてを済ませてしまう方々もいらっしゃるようです。

 

 

ですが先の長い人生を考えると、エステなどで脱毛処理をプロの手によって行った方が良いと思われます。

 

毛が生えてくる周期を考えれば、箇所にもよりますが、1週間に1回〜10日に1回は自己処理しなければなりません。

 

それが面倒ということも一理ありますが、美肌の面で考えると、それ以外にも自己処理のマイナス面が浮かび上がります。

 

それは、自己処理によって皮脂を削り取り、皮膚にダメージを蓄積していきます。
それを定期的に繰り返し行っていくと黒ずみになり、あなたが求める美肌とは逆にかけ離れていく結果となるでしょう。

 

そうなる前にも早い段階で脱毛処理を知識豊富なプロの手で行い、自己処理にいらない美肌を手に入れた方が良いと言えるでしょう。

 

毛周期を考えると脱毛処理をするためにエステ店に通い出したとしても、1年〜2年はかかりますので、
気長に取り組む心構えも必要となります。

 

ここ数年は良いことにエステ店の増加に伴い、激しい価格競争が起こっていました。
お試しプラン等を試しながら、自分に合ったエステ店探しをすることを推奨します。

 

周りの噂やネットの口コミは参考までにとどめ、実際は自分で足を運んでカウンセリングを受けてみると良いと思われます。

 

これらは、人によって効果が差が出てしまうからです。
A店では効果がなかった人でもそこでベストな効果が得られる人もいます。

 

 

肌の質は人それぞれなので、聞いた噂を鵜呑みにするのは危険でしょう。

 

また立地条件、スタッフの対応や特にトラブルが起きた時にはどのような対処をしてくれるのか、事前に確認しておく必要があります。

 

美肌を手に入れようと思って、ダメージを受けてしまっては元も子もありませんので。

 

 

近年は強引な勧誘はなくなったと聞くエステ業界ですが、もししつこい勧誘を受けようものならはっきりと
断る勇気が必要です。

 

あなたがもし断りにくい性格だったならば、あらかじめ断る理由を考えておく必要があります。
一番最良であると思われるのは、両親や彼氏に相談するとの旨を伝えてあげれば無理強いしてそこで勧誘はできないでしょう。

続きを読む≫ 2014/01/09 10:16:09

〜スキンケア〜

 

美肌を維持するためには、もちろん肌のケアが大切になります。

 

1日が終わり、疲れた身体ですぐにでも眠りたい時があるでしょう。

 

しかし、化粧をしたままの肌で眠ってしまうと、肌に大変なダメージを与え兼ねません。

 

クレンジングは肌に付いた化粧の油分やほこり、皮脂を取り除きます。

 

取り除くことによって肌をターンオーバーさせ、美肌を維持することができます。

 

洗顔についても、1日2回しましょう。
それは朝起きた時と夜帰宅後です。

 

夜は先にも述べたように、1日の肌に付着した油分を取り除くためです。

 

朝の洗顔は、寝ている間に分泌された皮脂からの油分を取り除きます。

 

そして、洗顔の後は、皮膚をガードする皮脂が希薄になってしまうため、水分が蒸発しやすくなっています。
お風呂上がりに肌が突っ張るのはこのことから言えます。ケアとして化粧水や乳液で肌に水分を与えることが大切です。
また化粧水を肌に付ける際は、直接手のひらでやるのではなく、コットンなど柔らかいものを使用します。

 

これは直接的に肌にダメージを与えないためです。
肌を傷つけずに、多めの化粧水をコットンに染み込ませ、優しく肌に充てましょう。

 

 

〜化粧品は自分に合うものを〜

 

ほとんどの日々は女性はお化粧をするでしょう。
化粧品といってもメーカーが違えば価格も違う、さて何を選んだら良いのか?

 

年齢によって化粧品も変わっていきます。
それは肌が年を重ねる度に、与えなければならない成分が変わってくるからです。
不足した栄養素を与えるために、ご年配の方が使用する化粧品はやや割高になります。
だから価格が高価であれば効果が高い訳ではないのです。
年齢毎、または生活環境毎に化粧品は人それぞれに合うものがありますので、化粧品の選択には専門家への相談が良いと思われます。

 

また自分に合った化粧品かどうかを判断するために、試供品を使うこともお勧めします。
肌荒れが起きないことや、化粧のりが良くなったり、テストした時に感触の良かった物から化粧品を選択しましょう!

 

若い方はこのような事をあまり重要視されないかもしれません。
それは若い女性の肌は回復力が高く、多少のダメージでも回復してしまうからです。

 

しかし、完全にダメージが消えてしまったのではなく、皮膚の深層へとダメージは蓄積されていきます。
年齢を重ねた時にそのダメージが表面化される訳です。

 

一度蓄積されたダメージを取り除くことは大変難しいので、再三申し上げますが、今から肌のケアを正しい知識で行っていきましょう。
普段からマメに肌のケアを行っていけば、50歳でも30歳の肌年齢を実現することはそんなに難しいことではありません。

続きを読む≫ 2014/01/08 14:51:08

バランスとは何でしょうか?
当たり前のように使われているこのバランスという言葉は、間違って理解してしまうと大変危険でございます。

 

正しい知識を基にしっかり理解をし、実行することで初めて本来の効果を発揮するのです。

 

間違って理解した知識や情報は、本来自分が望む方向とま全く逆の効果を生んでしまうこともしばしばあることで気をつける必要ございます。

 

 

先に述べた食事以外にも、睡眠や、日中の活動の仕方で肌に直接的な影響を及ぼす事象は多々ございます。

 

食事で良く耳にするバランスの良い食事とは何でしょうか?

 

色々な栄養分を摂取するという意味で理解されている方々が多いようですが、むやみやたらにそれらを実行してみても、それほどの効果が得られるわけではありません。

 

質の良い食事を取ろうとするならば、各朝、昼、夕に摂取するカロリーバランスや、摂取内容が重要となります。

 

 

通常女性に必要な1日のカロリーは基礎代謝量によって多少の変化があります。しっかりと把握されたい方は日本医師会のHPにあるカロリー計算をしてみましょう。

 

 

また身体には野菜が良いとの一般的認知がありますが、年齢によって動物性タンパク質を多く取った方が良い場合もあります。

 

記憶にある長寿で有名な「金さん」「銀さん」など、お肉好きでした。

 

お年を召されている方々ほど、動物性タンパク質が必要になります。

 

 

これらは年齢毎に失いやすい成分を摂取し補うことで身体のバランスを保つ働きがあるわけです。

 

若い方々は自分の好きなものを中心に、好きな時間、好きな量を取ることが多いかと思いますが、それらのツケは年齢を重ねる毎に確実に表面化されるでしょうから、今のうちから気をつけて食生活を整えると良いでしょう。

 

咀嚼という言葉を聞いたことがあるでしょうか??

 

咀嚼とは食事の際に口に入れた食べ物を噛み砕く行為のことです。

 

 

ドラマなどで俳優さんが美味しそうにご飯を口へ掻き込んでいますが、実際健康には良くない行為です。

 

 

咀嚼回数を多くすることによって、食べ物を細かく刻み、消化の助けになります。胃への負担も少なく、食事に時間をかけることによって、満腹中枢が働き、適切な食事量になりますので、食事をする時には、咀嚼回数を意識されると良いでしょう。

 

 

 

睡眠は3時間睡眠、6時間睡眠等、人間の睡眠時間はどれぐらいがベストか様々な説がありますが、現在に至るまではっきりと解明されておりません。

 

しかしながら、同じ時間に寝て、同じ時間に起きるというような毎日の生活リズムが大切だと思われます。

 

特に22時〜2時まではシンデレラタイムと呼ばれ、美容にとって一番良い時間ですので、この間はしっかりと睡眠を取ることを心がけてください。

 

また、就寝前には温かいミルク等で身体を暖めてから眠ると質の良い睡眠が取れます。

 

睡眠は時間数だけでなく、質も重要ですので、寝室のベットの硬さ、枕の高さなども重要視すべきです。

 

 

人間は昼行性の動物ですので、夜型の方は昼型の戻すことが本来の姿であることを認識しましょう。

 

 

近年では、太陽の光を避ける女性の方が多いようですが、紫外線を避けるだけが美肌を守ることには繋がりません。

 

 

一例としては朝日にはビタミンが多く含まれており、日光と皮膚とは密接な関係にもあります。

 

適切な太陽の光を浴びることも美肌を維持するためには重要な項目のひとつなのです。

 

結局脱毛サロンにいこうが、痩身サロンに行こうが自己管理が重要だということなんです。

 

いくらサロン系にたよっても最後は新陳代謝なのです。

 

代謝が悪くなったらもともこもないですよね

続きを読む≫ 2014/01/08 14:44:08